品性を磨く365日

品性・知性・教養を磨くのが人生のテーマ

【本のきろく★★★★】東京すみっこごはん


こんばんは、



昨日は名古屋市内にある

ブックカフェとホテルが併設されている

「ランプライトブックスホテル」

というホテルに宿泊してきました。



昨年オープンしたそうで、とにかく綺麗、おしゃれ。



1階の書店とカフェは24時間営業で、

好きな本をホテルの室内に持ち込むこともできます。



本は"旅"と"ミステリー"をテーマにした本が主に取り揃えられていました。



私が宿泊した室内には「ミッケ」が置いてあり、思わず夢中になってしまいました。




普段も仕事終わりなど使えそうなので、また行きたいと思います。


家が近ければ、

夜飲んだ後や、早朝の朝活に利用してもよさそうです。






さて、本日はこちらの本。読了です。



「東京すみっこごはん」成田名璃子


東京すみっこごはん 楓の味噌汁 (光文社文庫)

東京すみっこごはん 楓の味噌汁 (光文社文庫)



シリーズものの本で、第四弾になります。



私はこの本のシリーズがだいすきで、
一冊目から何度も愛読しています。


一冊の中にショートストーリーがいくつか入っていて、一話完結なのですが、
全体としては繋がっているお話になっているので、はじめから読まれることをお勧めします。



さて、舞台は東京のとある下町の中にひっとりと佇む古民家。



少し変わったルールのある「共同台所」です。



ここは、みんなで集まり、当番で選ばれた誰かの手作りごはんを食べる場所。
そして、つくるメニューはレシピノートから選ばなければならない、
という変わった場所なんです。


みんな、というのは、
常連さんでも、ふらっと立ち寄った方でも誰でもありです。




この、共同台所「すみっこごはん」を舞台に、
訪れる様々な人の悩みや、葛藤をリアルに描き、
共同台所で作るごはんや出会う人々を通して変わっていく様子を描いた物語です。



私がこの本を好きな理由は、
登場人物がどこにでもいそうな人たちばかりで、抱えている問題がとても現実的で、
共感できるところが非常に多いところです。      




きっと読まれるみなさんも、誰かしらに自分を照らし合わせて読むことができることと思います。


例えば、
親子問題を抱えている人
会社で見栄を張って、彼氏がいるフリや、お弁当を作っているフリをしているひと
インスタ投稿のために自分を偽っている人
貧乏が原因で進学を悩み、自分を押し殺している中学生

など。


自然と感情移入できて、
気がつくとほろっと涙してしまうような気持ちにさせられます。





そしてもうひとつこの本を好きな訳は、
登場するレシピがとっっっても美味しそうだということです。笑




作る工程がとても丁寧に描かれているのですが、
これを読むと、わたしも丁寧に愛情込めて料理をしようという気持ちになります。



読んでいるだけで、しあわせな気持ちになれるような料理の数々が描かれています。




先日も同じような料理をメインとした小説を読みましたが、
わたしの中で(今まで)、ここまで心あたたまり、好きになれる本は、正直このシリーズだけです。



シリーズ四作目まで読みましたが、
登場人物みんなのことが今ではもう愛おしか思います。




あたたかなご飯と、人のあたたかみ、
人はこれだけでうんと幸せになれるのではないかと
そんな風に思える作品です。




ぜひ、少し肌寒くなってきたこの季節に。




私のオススメの本でした。




それでは。


【本のきろく★★★★★】銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

こんばんは。


3連休続きでなかなか仕事に本腰が入らない今日この頃です。



昨日は会社の飲み会があったのですが、

ここ1〜2年で本当にお酒が弱くなり、3杯飲んだだけなのに、今日はなんとなく体調が優れません。。



会社入って1年目、2年目の頃は、毎日飲み歩いていたくらいなんですが、

ここ最近ぱったりと飲みに行かなくなってから、お酒を受け付けない体質になってしまいました。


そんなことあるのかな?


と、思いますが。




会社では酒豪キャラが定着してしまっているのですが、酔う酔わない以前に本当にお酒がダメになってしまいました。。。




そんな昨日の飲み会だったのですか、

ある意味わたしはこの日を楽しみにしていて。



なぜかというと、

先日読んだある本の内容を実践したくてうずうずしていたからです…!





その本がこちら。


銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方 (だいわ文庫)

銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方 (だいわ文庫)



とても有名な本で何度か書店でお見かけしたことはあったのですが、
今になってこのタイトルに惹かれて購入しました。



冒頭にも述べたように、飲み会はよく行っていたので(合コン含む)、それなりに好きだし得意だったんです。(笑)



ただ、わたし、普段のコミュニケーションは、本当に自信がなくて。





一見、誰にでも人当たりの良い風を装っていますが、
本当はコミュニケーションが苦手で、人と打ち解けたり、自分をさらけ出したら、うまく会話を続けさせることがとても苦手なんです。



それは大人になるにつれ本当に実感していて、
会社の同期を見ていて、社内の人と仲良くやっている子をみると焦るし、
後輩が、言葉選びが上手で、落ち着いて上司や取引先の人と話しているのをみると、なんとも言えない劣等感のようなものに襲われます。




自分がいかにうわべだけか、ということに今更ながらに気づき、焦り、きっとこの本に縋ろうとしたのかなとも思います。





さて、内容ですが、
それはもうわたしのバイブルとなりうるくらい、参考になることが書かれています!


ただし、あくまでこの著者のホステスさん時代の経験をもとに書かれているので、
相手は初対面であるとか、
お客さんをもてなす側であるとか、
女性と男性という関係性とか、
前提が少し限定されることもありました。



「心をつかむ話し方」とありますが、
この本で言っている大事なことは、
あくまでも、上手い聞き手になれ!ということです。


自分が話すのではなく、
相手に話してもらい、
相手の話を使って話す。



これが極意!というんです。





まず出会って5分、10分は自分から話しません。



はじめはとにかくよい印象をつくることが大事。



姿勢合わせや声合わせで、あなたと私は似ています、という空気を出していきます。



そして、相手の話にはうなずき、相づちを。



これは自分が思っているより大げさにやること。




そして、わたしがいちばんポイントとして感じたことは、
会話を続けるのには、質問なはなく要約だということです。



・行動
・経験
・感情


この3つのポイントを要約して会話をつなげていくのだと書かれているのですが、
これがわたしはとても難しく感じました。



昔から学校の先生や塾の先生に、質問力をつけなさいとか、何でもいいから質問しなさい、とか
質問を考える力をつけさせてもらったので、どうしても質問ばかりが思い浮かんできてしまうんです。




要約は相手の話をきちんと聞かないとできないことでもあるので、きちんと向き合ってからでないとできない技だなおもいました。





他にも様々な技があったのですが、
とても一度にすべて覚えて実践するのはできないので。。




昨日の飲み会では、いちばん上の取締役が運良く(?)隣だったので、
まずは姿勢合わせから、そして質問責めにしない、うまく要約すること、に意識を向け実践してきました!



姿勢合わせはなんとなくですが、できますね。



ですが、要約はむずかしく。。



そしてもう一つ、今回は終始"品良く"というのを意識しようと思っていたのですが、
お酒が入るにつれ、意識する前の自分が出てしまって。。。



言葉遣いも良くなく、なりたい自分になれておらず、反省する結果となりました。




それでも、最終的に昨日の飲み会はとっても盛り上がったんです。


取締役との会話も盛り上がり、
自分的には上手くできたことが少なかったのですが、もしかしたら少しでも効果あったのかな?なんて思いました。



1つずつになりそうですが、
意識を向けて実践できるようになれたらなとおもっています。





そしてこの本で書かれている心理学がとても面白かったので、
さらに深掘りしていきたいなと思うようになりました。




コミュニケーションとか、人の心理とか、そういったものに興味がわくようになりました。





まだまだこれからです。




【旅行】和歌山県 高野山へ


こんばんは。


3連休明けの仕事は本当にねむくて・・・・



体調不良からか、眠気からか、

午前中はあくびがとまらず、お昼前には気分が悪くなり、一日中優れませんでした。



休みボケですかね。。。



さて、昨日和歌山旅行から帰ってきわけですが、

最終日は高野山へ行って参りました。



白浜から高野山まで、片道3時間。




延々と山道を登ります。





車酔いする方は注意が必要です。




この日は本当にお天気が良く、日差しが少し暑かったですが、木陰はひんやりとしていて、本当に気持ちが良かったです。



f:id:daffodieee:20181009224136j:plain


着いてはじめに出会う「大門」から、奥に続く「奥の院」まではおよそ6kmの道のりです。




私たちは奥の院の駐車場に停めて、半分くらいまで戻るルートで行きました。




奥の院は、弘法大師が御入定されている聖地で、聖域と言われています。


そのため、写真撮影もNG




とてつもない数のお墓の横を通って向かいます。


なんとなくですが、空気がひんやりとしていて、まっすぐ空まで伸びた木々が美しく、空気が澄んでいるように感じられました。




その後は、メインの金剛峯寺へ。




こちらは言わずと知れた真言宗の総本家ですね。


f:id:daffodieee:20181009224815j:plain




f:id:daffodieee:20181009225229j:plainf:id:daffodieee:20181009225221j:plain


檜皮葺(ひわだぶき)というヒノキの皮を重ねた屋根が素晴らしかったです。




こちらは壇上伽藍。


f:id:daffodieee:20181009225440j:plain 


f:id:daffodieee:20181009225456j:plain



こうやくんポーズです…笑





高野山は宿坊もとても多く、次回は是非宿坊に泊まってみたいと思いました!




少し紅葉もしていましたが、もう少ししたらとてつもなく綺麗なんだろうなぁとおもいました。




なかなか行きにくさはありますが、1度は行ってみるべき場所だとおもいます!






今回の和歌山旅行



和歌山県は自然豊かで、とっても魅力にあふれていて、素晴らしいところでした。



熊野古道など、まだ訪れていない場所もあるので、是非またいきたいです。




アドベンチャーワールドは、将来子どもと一緒にくる!とこころに決めました。笑






【旅行】和歌山県 アドベンチャーワールドへ


こんばんは。



昨日から和歌山県へ旅行に来ています。



和歌山に来るのははじめて。


名古屋から新幹線→くろしおに乗ってきました。



今回は大学時代の友人4人での旅行です!





昨日土曜日は、お昼前に到着したので、白崎海洋公園へ行こうとしたのですが、

なんと、、、通行止め、、



台風の影響で公園が崩れてしまっているようです。。



復興までにはしばらく時間がかかるそうなので、旅行をご検討されている方はご注意ください。。




本来なら、このような景色が!


f:id:daffodieee:20181007230933j:plain




綺麗な海と、石灰岩でできた地形がとてもきれいなのですが、残念でした。






その分夜は、旅館で卓球大会をして大盛り上がりでした。笑   








そして、本日はとても楽しみにしていたアドベンチャーワールドへ!







アドベンチャーワールドは8月にパンダの赤ちゃんが生まれ、最近公開されたようで、もう本当にワクワク。




午前と午後の1日2回公開されているのですが、朝一でいって、90分待ち、、!






並んで待って、ついに会えた赤ちゃんパンダがこちらです。



f:id:daffodieee:20181007231500j:plain




、、、???





、、、!?!?





こちら、お母さんパンダに抱えられ、反対をむいてしまってるんです・・・





またも残念。。><






それでも、アドベンチャーワールドにはパンダがたくさんいるので、ベテランパンダさんたちにたっぷりファンサービスをいただきましたよ♡




f:id:daffodieee:20181007231751j:plainf:id:daffodieee:20181007231806j:plainf:id:daffodieee:20181007231831j:plain



こんなに間近で、ガラス越しではなく直接パンダを見れたのははじめてだったので、とっても興奮しました。



パンダって、見た目が可愛いだけでなく、動きも、ちょっとおばかな(?)マイペースな性格も、とっても可愛いんですね!!!!



もうずーっと何時間も見ていられるくらい、パンダの虜になってしまいました。






帰りにはパンダのお土産まで買ってしまう始末。

パンダの経済効果は計り知れないですね。。







他にも、カートを借りてサファリツアーをしたり、犬たちとふれあったり、カバに餌をあげだり、イルカショーを観たり、と、

とても見所満載で充実した1日になりました。



見たい動物も、触れ合いたい動物も、とにかく行きたいところがたくさんあって、

1日では回りきれないなとおもいました。




名古屋から和歌山は交通費アクセスがあまり良くないので、改善されるといいのですが。



また何回でもいい来たいと思えるテーマパークでした。





あしたは本日とは打って変わって、高野山は行って参ります。





3連休の最後、休日の方は1日満喫しましょう。




それでは。

【旅行】明日から和歌山にいきます♪

 

こんばんは。

 

明日から3連休ですね!

 

私は2泊3日で和歌山へ旅行にいく予定です。

 

大学の頃の友達4人で女子旅なので、もうわくわくです♪

 

 

太平洋側は台風もそれほど心配いらないようで一安心。

 

 

地域によっては影響が大きなところもあるみたいなので、またたくさん被害がでないとよいのですが。。

 

 

 

さて、というわけで本日は旅行の準備にいそしんでおります。

 

 

 

なので昨日読了した本があるのですが、こちらはまた帰ってきてからUPします。

 

 

 

今回読んだ本は、少し前に話題になっていた本

 

『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』

 

です。

 

 

 

 

とても参考になることばかりで、本当は今すぐにでも書きたいのですが、

本のほとんどといっていいほどたくさんメモをとったので、

自分の中で整理してから発信したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

明日からは和歌山旅行のことを少し報告できればなと思います。

 

 

 

 

少し前にアドベンチャーワールドにパンダが生まれたそうで、とっても楽しみです♡

 

 

 

 

 

皆様もよい休日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

【本のきろく★】キッチン・ブルー

こんばんは。

 

 

台風が近づいてきていますね。

 

 

今年は本当に災害が多く、日ごろの備えの大切さを身に染みて感じます。

 

我が家は備えが乏しかったため、私がこれでもかと訴えた結果、本日母がLEDライトとガスコンロを購入してきました。

 

先日の台風で数日間停電になっていた友人の家が、ガスコンロでお米を炊いたという話を聞いて、ガスコンロもあったらいいな、と思ったのです。

 

 

備えに無駄なものはないですからね。

 

 

 

 

 

さて、本日は先週読んだ本の紹介です。

 

 

 

『キッチン・ブルー』(遠藤彩見

 

 

 

 

 

 

 

グルメ小説が好きなので、こちらを手に取りました。

(グルメ小説なんていうのかな・・・?)

 

 

 

グルメ小説って、すごくあたたかな気持ちになれるんです。

 

 

そして、料理に対する意識がちょっと変わる気がするんです。

 

 

 

 

こちらの小説は6つのお話が収録されていて、

全てが温かく優しくハッピーエンドで終わる、というわけではないのですが、

”食事”というものを通して人とのつながりを実感したり、自分の抱えている問題に向き合えるような内容になっています。

 

 

 

例えば、1つめのお話「食えない女」。

 

 

主人公の女性は、人前で食事ができないという病気にも近い問題を抱えています。

 

 

仕事は在宅でできるもので、

パートナーも彼氏もおらず、友達づきあいも希薄に・・・

 

 

そんな”食事”に問題を抱えている女性が、1人の人と出会い、”食事”を通して心を開いていく。

 

 

人はみな食事をしなければ生きていけない。けれどその行為に苦しでいる。

そんな彼女が人との出会いによって何か変わりそうな、そんな兆しを描いたお話です。

 

 

 

 

 また、2つめの「七味さん」。

 

 

 

こちらは、フラワースクールの派遣社員である男性のお話です。

 

 

 

女性ばかりの職場になじめず、いつクビになってものおかしくない状況。

 

 

 

そんな中、女性たちの真のボス(裏のトップ)を見極め、女性間のいざこざをうまく丸めようとしていく、そんなお話です。

 

 

ここで1つ印象に残ったのが、

影のトップを見極めるために”食事”を使ったこと。

 

 

 

「食ベているときは素がでる」

 

 

この言葉にドキッとしました。

 

 

 

どうやって食べるのか、食べる順番、誰が先に食べるのか、最後の1つを誰が食べるのか。

確かに、1回の食事の中に人間関係(序列や思考)がつまっているような気がします。

 

 

こうして意識すると「ああ、なるほどな」と思いますが、

もし人から見られて、自分の素を見出されていたとしたならば、少しひやりとします。

 

 

 

日ごろから食べ方の所作も気を付けつつ、

上辺だけでない品を身につけようと改めて思いました。

 

 

どんなに取り繕っても、食べているときは素が出てしまうのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついついよだれが出てきそうな飯テロのお話ではありません。

 

”食”が中心にありながらも、人の悩みや苦しみにフォーカスした作品。

 

 

こちらまでもやもやとしてしまうようなところもありますが、

 

読み終わった後、すこし肩の力が抜け楽になるような、そんな1冊でした。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ご覧いただいたあなたへ。

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

【本のきろく★★】人生を変える髪の魔法

 

こんばんは。

 

ここ2週間ばかり、毎日きちんとスキンケアができているので

すこしずつ肌の調子があがってきました!

 

当たり前のことですが、メイクを落とさず寝てしまうことがしばしばあるんです。。。

 

美容も、まずは1週間!を意識して、365日丁寧なスキンケアをしていきたいです。

最終目標はすっぴんでも外出できるくらい綺麗になることです。

 

 

 

 

 

さて、本日も読んだ本を紹介します。

 

 

『人生を変える髪の魔法』

 

 

 

今回はこちらの本を読みました。

 

 

 

人生を変える髪の魔法

人生を変える髪の魔法

 

 

 

この本を手に取ったきっかけは、3年前、友人から頂いたあるものがきっかけになります。

 

そのあるものとは、ヘアオイル!

 

もう3年前の話になるのですが、何でもない日に私の友人からヘアオイルをプレゼントされました。

 

そのヘアオイルを使って、私はもう、感動!!!!!!!

 

 

いままでどんな有名なものでも、高いものでもあまり変わらなかったのが、

そのオイルをつけると本当にさらさらになったんです!!

 

 

 

とても感動したヘアオイルだったのですが、当時は1本使い切り、それきりになってしまっていました。

 

 

しかし最近、もう一度髪の毛を見なおそう!と思った時に

あのヘアオイルを思い出したのです。

 

 

 

どんなオイルだったかな~と、思い出しながらネットで調べつづけること3日・・・

 

ようやく見つけ出したものがこちらです!

 

 

 

 

 

 

”PUT ON MAGIC”

 

 

これで検索すると公式サイトへ繋がります。

 

 

 

このオイルをはじめ、牛尾早百合さんというもともと美容師だった方が

小顔になる魔法の立体カットから、ヘアケア用品のプロデュースされていて、

この方はニューヨークをはじめとする世界で講師やアーティスト活動も行っています。

 

 

こちらのサイトに同本が紹介されており、

オイルやシャンプーを買うよりも先に、この本を読んでみたい!と思ったのです。

 

 

 

 

内容は、

・ヘアケアがどれほど大切なのか

・自宅でできるケア方法

・マイナス10歳若返らせるヘアスタイル

 

など、まさにタイトル通りの内容が詰まっておりました。

 

 

 

 

髪型を変える事、きれいに整えることは、美人になる一番簡単な方法で、最も劇的に変われる方法だと彼女はいいます。

 

 

 

どんなにファッションにこだわっても、最も目が行くのは顔周りです。

 

お化粧で顔をどんなにきれいに作っても、

多くの面積を占めるのは髪の毛です。

 

 

前から見ても、横から見ても、後ろから見ても、髪がきれいだと美人に見えます。

 

 

 

そして、ファッションでイメチェンを図るのはとても大変です。

服をすべて変えなければならないし。。。

しかし、髪の毛を変えるだけで雰囲気は大幅に変わります。

こんなに安上がりで手っ取り早い方法はありません。

 

 

また、いつまでも、昔褒められた髪型、似合わないといわれた髪型にこだわらないことも大切だとありました。

 

今の自分に似合うヘアを客観的な目で見て、常に変えていくことがいつまでも美人でいることなんだと。

 

 

 

 

 

この本をきっかけに、今一度ヘアケアの大切さを考えるきっかけとなりました。

 

 

スキンケアばかりでなく、艶があり、自信が持てるような髪になりたいと思いました。

 

 

 

美人になることは、自分自身だけでなく、まわりの価値もあげるそうです♡

 

 

 

 

髪の毛から美しく。

 

 

 

もっと気を使っていこうと思います。