品性を磨く365日

品性・知性・教養を磨くのが人生のテーマ

【本のきろく★★★★★】学びを結果に変える アウトプット大全

こんばんは。

 

台風一過で本日も名古屋は快晴でした☀

 

もう10月だというのに30度近くも気温が上がり暑い日でしたが、朝晩はやはり冷えますね。

秋の空気がとても心地よいです。

 

 

さて、本日は私の意識→行動が変わるきっかけとなった本についてです。

 

 

『学びを結果に変える アウトプット大全』

 

 

今書店でもたくさん売り出されていますが、

わたしは見かけた瞬間ひとめぼれしました♡

 

 

そしてこの本に感化されてブログをはじめました。

 

 

 

わたしは本やお芝居がとてもすきなので、なるべく多くの作品に触れたいとおもっていましたし、実際、そうしてきました。

 

しかし、よほど何度も読んだ本でなければ、内容がなんとなく頭にはいっただけで、人に説明するなんてとんでもありません。

 

 

そしてそれ以前に、わたしは説明下手なことにとても悩んでいました。。。

 

 

 

この本を読み、少しでも自分から発信する言葉に自信が持てたらな、

せっかく読む本やお芝居をきちんと自分の血や骨にしたい、

そんな思いで読み始めました。

 

 

 

 

さて、この本にはタイトルどおり

アウトプット(発信)していくことの重要性がとくと書かれています。

 

 

人はインプットとアウトプットを繰り返して成長していきます。

 

 

10冊の本を読んで1つもアウトプットしないのなら、

1冊の本を読んで1つをアウトプットする方が良い。

 

 

1冊本を読むうちに、3つの気づきを得るように読んでいくとよい。

 

 

 

また、本を読む前や、勉強する前、講演を聞く前などには

自分が「何を習得したいのか?」「何を学びたいのか?」という問いを

自分自身に質問すると、頭の中で集中する部分が限定され、より深く身につけることができる、とあり、これはぜひとも実践していきたいと思いました。

 

 

 

「なぜ」という疑問は放置せずにすぐに解決するクセをつけるというのも、

自分自身に常に問いかけをすることは自分の中でも整理ができ、学びが深まり、思考力が高まるのかなと思いました。

 

 

 

 

そしてもうひとつ私が気を付けよう!と思ったことは、

悪口・ネガティブ・批判は口に出さない ことです。

 

こう書くと当たり前なことのように思いますが、実は簡単にできそうでできないこと。

そして、とても需要なことだと気付きました。

 

 

悪口やネガティブを発するのは、単にネガティブ思考のトレーニングをしているだけにすぎません。

ポジティブな言葉は周囲を幸せにします。

ネガティブな言葉や悪口を言ったところで1円の価値にもなりません。

 

百害あって一利なし

 

また、悪口を言うことでストレスホルモンが発せられ、認知症にもなる可能性があがるそうです...!

 

 

わたしは今まさに、職場でストレスのかかる先輩がおり、

そのことで愚痴を言ったり不満や悪口を言うことがありました。

 

しかし、相手がいくら大人げない態度をとってきても、毅然とした態度でいようと思いました。

 

悪口や愚痴を言わないように、少しでもポジティブに変換してうまくやれるように変わっていきたいです。

 

 

 

 

 

インプットばかりではなく、アウトプットに重点をおくこと。

 

これを日々気を付けて、ブログも続けていけたらいいな。

 

 

 

 

 

ブログ開設です*

 

 

ブログ、開設しました!!!!!!!!!

 

 (テンション高めです。。)

 

 

 

公開ブログということで、まずは自己紹介をすこし。

 

〇naoko

〇25歳(あと3か月で26歳)

〇会社員(OL・エリア職)

〇4年制大学卒業

〇未婚・彼氏あり

〇趣味:読書、ミュージカル鑑賞、(ゴルフといえるようになりたい)

〇服、美容にお金をかけがち

〇ジャニーズが好き

歯列矯正

〇ズボラ

  ・ 

  ・

  ・

 

などなど、これから少しずつ自分の事も発信できたらなと思います。

 

 

さて、本日はズボラな私がどうしてブログを開設したのか、目的と、最終目標を書きます。

 

 

 

目的・・・とにかくアウトプットをする!

 

目標・・・こつこつ続けられる人間になる!

 

 

これです。

 

 

まず、私は物事を継続して続けれられる人ではありません。

 

正確に言うと、続けられる人ではなくなってしまいました。

 

25年間生きた中で、私の人生のピークは小学高学年~中学生のころまでです。

 

私を変えたものは、そう、この道を通った人も多いと思いますが、進研ゼミ(チャレンジ)です。

 

これに出会った私は、覚醒しました。

 

進研ゼミから、定期的にマンガ(勧誘の郵便)が届いていませんでしたか?

 

あのマンガを毎回熟読して、ずっと憧れを持ていた私は、チャレンジをはじめることができた日から毎日毎日楽しみに勉強していました。

 

毎日やりたくてやりたくて、次に進みたくて進みたくてしょうがなかったけれど、

すぐに終わらせてしまうのももったいなくて、

カレンダーにスケジュールを立ててやっていました。(赤ペン先生ももちろん!)

 

おかげで小学生高学年から急にテストで100点をとるように。

 

中学生ではサナル予備校にも通いだし、勉強が、テストが、楽しくてしょがなく、

 

ライバルに負けるのが悔しくてしょうがなく、

 

毎日こつこつ頑張っていました。

 

本を読むことも大好きで、読書感想文なんて大好物。

 

勉強・賞・生徒会、など、頑張った私は自分の実力以上の高校へ進学。

 

 

 

さて、しかし、ここからです。

 

高校に入学し、すっかり気が緩んだ私は

 

大学~今までもだらだらと、なんとなく、なんとかなるや精神で生きてきました。

 

そのくせ、過去の栄光を思い出しては自分はやればできると思ったり。

 

自分はこつこつ型なんだ、と勘違いしたり。

 

本当は、「読書年間○○読むぞ!」の目標も、「毎日スキンケアしっかりするぞ!」のやる気も、何一つ達成できないのが私です。

 

そして、私は自分がどういう人間であるのか、

どうなりたいのか、

自分の目標はなんなのか?

 

何一つ説明できず、いつもブレブレで、着る服さえもころころ変わるような人です。

 

 

 

 

 

 

 

自分を変えたい、変えなきゃ、自分の軸をみつけたい!

そう思っていた私が見つけたテーマが、

 

 

そう、”品”です。

 

 

 

私は、美容、ファッションが好きなので、テレビやインスタ、街中できれいな人をみるとつい、まじまじと観察してしまいます。

 

そこで発見した、私が惹かれるひとの共通点が”品”ある女性でした。

 

品ある女性は外見も内面も美しい。

常に凛としている。

ハリがあり、知性がある。

 

 

こんな女性になりたい。そう強く思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

私なりに考えた、品のある女性、なりたい女性像というのは、

具体的に

・人の悪口、噂話を口にしない

・姿勢が良い

・ファッションセンスが良い

ファストファッションを着ない、自分のスタイルを確立している

・肌がきれい

・誰にでも分け隔てなく親切

・笑い方がきれい

・言葉遣いがきれい

・爪先まできれい

・髪がきれい

・感情に左右されない

・字がきれい

・話すスピード、トーンがゆったりしている

・幅広い教養をもつ

 

です。

 

 

 

 

・・・・・といっても、

すぐにこれらを意識してなれるなんてことないです。

 

 

 

 

なので、まずは1週間ずつ、少しずつ!!!!

 

そして、楽しく続ける!!!!!

 

 

これです!!!!

 

 

 

チャレンジをしていた時の自分。楽しくてしょうがなかったころ。

本を読んでいた時の自分。書くことが好きだったころ。

自分のベストを更新するために勉強していたころ。

 

 

あのときの自分を越える。

 

 

25歳。

 

 

これからの人生を人生最高に変える。

 

 

 

自分で自分のことをアウトプットして、自分の内側に留めておかないように

 

ブログを通じて発信していければと思います!

 

 

 

 

 

ますは、1週間。笑

 

 

 

 

 

どうぞよろしくお願いします♪